学会発表

84回 応用物理学会 秋季学術講演会 (熊本城ホール)

講演番号:19a-A201-7
講演題目:有機4値論理回路の開発 (II):並列型アンチ・アンバイポーラトランジスタ
発表者:高橋 海斗、早川 竜馬、金井 要、若山 裕

講演番号:20a-D902-7
講演題目:近紫外発光材料Melem hydrateの発光機構の解明
発表者:木内大貴、園田与理子、金井要

講演番号:20a-D902-8
講演題目:絶縁性ポリマーブレンドによるポリフルオレン薄膜のβ相形成のメカニズム
発表者:秩父 康平、小林 智裕、佐藤 友哉、金井 要

講演番号:20p-D903-2
講演題目:有機ナノポーラスフレームワークの形成によるAu(111)表面電子状態の変化
発表者:馬上怜奈、山崎弘人、福島優斗、川口海周、森亮、近藤猛、原沢あゆみ、辛埴、金井要

講演番号:23a-B203-10
講演題目:可視光駆動型光触媒 Poly(heptazine imide)の二酸化炭素分解への応用
発表者:山口 愛佳、宮﨑 千紘、竹澤 佑之助、金井 要

講演番号:23a-B203-11
講演題目:可視域に広帯域吸収をもつPoly(heptazine imide)の光触媒活性評価
発表者:宮﨑 千紘、山口 愛佳、竹澤 佑之助、金井 要

論文が出版されました

Synthesis and characterization of octacyano-Fe-phthalocyanine“,
Momoka Isobe*, Shota Nakayama, Shunsuke Takagi, Kakeru Araki, Kaname Kanai,
(*修士課程1年 磯部桃花さん), ACS Omega, 2023, 8, 27264–27275,
https://doi.org/10.1021/acsomega.3c02638

2022年度学生表彰

卒研生の磯部桃花さんが、学業の優れた学生に送られる”2022年度学生表彰”と”奨励賞”を受賞しました。

学会発表

第70回 応用物理学会 春季学術講演会 (上智大学 四谷キャンパス)

15a-B508-7
水素結合性有機フレームワークの形成によるAu(111)表面電子状態の変化
馬上 怜奈 (M1), 山崎 弘人, 向井 孝三, 福島 優斗, 川口 海周, 森 亮, 近藤 猛, 原沢 あゆみ, 吉信 淳, 辛 埴, 金井 要

15p-B409-8
新規二次元電子機能性材料FePc-FeTAA Polymerの合成と物性測定
高木 俊輔 (M1), 中山 頌太, 金井 要

15p-B409-9
オクタシアノ鉄(II)フタロシアニンの合成と物性評価
磯部 桃花 (B4), 中山 頌太, 高木 俊輔, 金井 要

16p-E502-9
フローティングゲート型アンチ・アンバイポーラトランジスタを用いたロジックインメモリの開発(2):再構成可能な論理演算素子
高橋 海斗 (M1), 早川 竜馬, Xinhao Zhong, Debdatta Panigrahi, 相見 順子, 金井 要, 若山 裕

17p-E102-5
電気二重層変調イメージング法を用いたヒト小腸上皮様細胞のタイトジャンクション形成過程の観察
黒須 淳 (M1), 金井 要, 森下 加奈, 須丸 公雄, 堤 潤也

18p-B409-1
Poly(heptazine imide)のフォトクロミズムのメカニズムの解明
服部 真衣 (B4), 中道 美柚, 山口 愛佳, 宮﨑 千尋, 瀬尾 豪一郎, 大貫 良輔, 吉岡 伸也, 金井 要

日本物理学会 2023年春季大会 (オンライン開催)

22pPSJ-15
有機水素結合フレームワーク内に生じる量子閉じ込め表面状態
山崎 弘人 (B4), 馬上 怜奈, 近藤 猛, 川口 海周, 福島 優斗, 原沢 あゆみ, 吉信 淳, 向井 孝三, 尾崎 文彦, 金井 要

研究室見学など

先端物理学科の学生さんで、当研究室の見学などを希望される方はお気軽にお問い合わせください (kaname@rs.tus.ac.jp)。

論文が出版されました

Label-Free Visualization of Nano-Thick Biomolecular Binding by Electric-Double-Layer Modulation
Jun Kurosu*, Kaname Kanai, Jun’ya Tsutsumi, (* 修士課程1年 黒須淳くん)
Sensors and Actuators B: Chemical, 382, 133548 (2023),
DOI: https://doi.org/10.1016/j.snb.2023.133548.
本論文は、連携大学院制度による研究成果です。

論文が出版されました

Near-ultraviolet organic light emitting diodes using melem
Hiroki Minamide*, Taiki Yamazaki, Hiroki Kiuchi, Rena Moue, Yoriko Sonoda, Kaname Kanai,
(* 修士課程2年 南出泰希くん), Chemical Physics Letters, 815, 140367 (2023)
DOI: https://doi.org/10.1016/j.cplett.2023.140367

論文が出版されました

Influence of ion exchange on photoresponsive properties of potassium poly(heptazine imide)
Mai Hattori*, Miyu Nakamichi, Aika Yamaguchi, Chihiro Miyazaki, Goichiro Seo, Ryosuke Ohnuki, Shinya Yoshioka, Kaname Kanai, (*卒業研究生 服部真衣さん),
Chemistry of Materials, 35, 3, 1283–1294 (2023), https://doi.org/10.1021/acs.chemmater.2c03325

論文が出版されました

Topological surface state of Bi2Se3 modified by physisorption of n-alkane
Rena Moue*, Hiroto Yamazaki, Tatsuya Kitazawa, Koichiro Yaji, Hiroshi Yaguchi, Kenta Kuroda, Takeshi Kondo, Ayumi Harasawa, Takashi Iwahashi, Yukio Ouchi, Shik Shin and Kaname Kanai, (*修士課程1年 馬上怜奈さん),
ChemNanoMat, 2023, e202200538, (2023), (https://doi.org/10.1002/cnma.202200538)

論文が出版されました

Formable optoelectronic functional composites with potassium poly(heptazine imide)
Miyu Nakamichi*, Mai Hattori, Goichiro Seo, Ryosuke Ohnuki, Shinya Yoshioka, Kaname Kanai
(*修士課程1年  中道美柚さん), ACS Applied Electronic Materials, 4, 5747–5751 (2022).
DOI: 10.1021/acsaelm.2c01457