論文が出版されました

“Anomalous Interfacial Electronic Structure of Solid Films of Non-Planar π-Conjugated Molecule 6-Cycloparaphenylene”,
Takaya Furuichi*, Takuya Inoue, Kouki Miyaji, Kaname Kanai,
Advanced Materials Interfaces, 2022, 2200242-1-11, (2022),
DOI:10.1002/admi.202200242;
(* 修士課程1年 古市貴也くん; Editor’s Choiceに選ばれました。)

2021年度学位授与式

2021年度卒業式において、修士課程2年の 本間 航介くん が「総代」に選ばれました。
2021年度学位授与式にて、修士課程2年の 瀬尾豪一朗 が、学業において顕著な成果を挙げた者として「理工学部長表彰」を受けました。

プレスリリース

本間 航介君 (M2)の研究成果が Advanced Materials誌 に掲載され、プレスリリースを行いました。

有機トランジスタの集積課題を克服
~複数の論理演算回路を単一素子で実現~
https://www.tus.ac.jp/today/archive/20220309_7461.html

学会発表

== 日本物理学会 第77回年次大会 ==

講演番号:17aGE11-1
Melamine/Au(111)-Honeycomb構造とAu(111)表面電子状態の変化の観測
馬上怜奈 (B4), 小久保裕太, 川口海周, 福島優斗, 原沢あゆみ, 辛埴, 近藤猛, 金井要

== 第69回 応用物理学会春季学術講演会 ==

講演番号:24p-E307-7
光電⼦分光を⽤いた6-Cycloparaphenylene多結晶薄膜の電⼦状態の直接観測
古市 貴也 (M1), 井上 拓也, 宮地 幸輝, ⾦井 要

講演番号:22p-E301-2
リチウムイオンを内包した⾼純度なPoly(heptazine imide)の合成
瀬尾 豪⼀朗 (M2), 斎藤 雄紀, ⾦井 要

講演番号:22p-E301-3
可視光駆動型光触媒Poly(heptazine imide)による高効率な光触媒活性のメカニズム
山口 愛佳 (B4), 瀬尾 豪一朗, 金井 要

講演番号:22p-E301-4
光照射に伴うPoly(heptazine imide)におけるカリウムイオンの拡散現象
中道 美柚 (B4), 瀬尾 豪一朗, 金井 要

講演番号 : 22a-E307-4
Melem 水和物の単結晶の育成と発光特性の評価
木内 大貴 (B4), 臺 知紀, 堤 潤也, 園田 与理子, 金井 要

講演番号:23p-E105-6
電気二重層変調イメージング法を用いた非染色の抗体可視化技術
黒須 淳 (B4),金井 要 ,堤 潤也

論文が出版されました

“Electrically Reconfigurable Organic Logic Gates: A Promising Perspective on a Dual-Gate Antiambipolar Transistor”
Ryoma Hayakawa, Kosuke Honma,* Shu Nakaharai, Kaname Kanai, Yutaka Wakayama,
Advanced Materials, 2022, 2109491-1-8 (2022); https://doi.org/10.1002/adma.202109491
[* M2 本間航介君] 本論文は連携大学院制度の成果です。

学会発表

EP2DS(Electronic Properties of Two-Dimensional Systems), Nov. 2 (2021),
[E-PS-2-33] “Elucidation of mechanism of charge accumulation of Poly(heptazine imide)
Goichiro Seo*, Yuki Saito, Miyu Nakamichi, Kaname Kanai, [* M2 瀬尾豪一朗君]

論文が出版されました

“Synthesis of carbon nitride oligomer as a precursor of melon with improved fluorescence quantum yield”,
Yuto Miyake*, Goichiro Seo**, Kotaro Matsuhashi, Noriyuki Takada, Kaname Kanai,
[*M2 三宅優斗君, **M2 瀬尾豪一朗君]
Materials Advances, 2, 6083-6093, (2021); DOI: 10.1039/D1MA00579K

 

論文が出版されました

“Mechanism of Charge Accumulation of Poly(heptazine imide) Gel”,
Goichiro Seo,* Yuki Saito**, Miyu Nakamichi***, Kyohei Nakano, Keisuke Tajima, Kaname Kanai,
[*M2 瀬尾豪一朗君, **M1 齋藤雄紀君, ***B4 中道美柚さん]
Scientific Reports 11, 17833 (2021), https://doi.org/10.1038/s41598-021-97025-9

学会発表

第82回応用物理学会秋季学術講演会
2021年9月10-13日 名城大学天白キャンパス + オンライン

9月12日

講演番号:12p-S401-6
講演タイトル:Poly(heptazine imide)における 電荷集積現象のメカニズム
登壇者と共著者:瀬尾 豪一朗 (M2), 齋藤 雄紀, 金井 要

講演番号:12p-S401-7
講演タイトル:Poly(heptazine imide)表面の直接観測によるフォトクロミズムの機構解明
登壇者と共著者:中道美柚 (B4), 瀬尾豪一朗, 金井要

講演番号:12p-N205-4
講演タイトル:アンチ・アンバイポーラトランジスタの開発Ⅵ -多機能論理演算素子への応用-
登壇者と共著者:本間 航介 (M2), 早川 竜馬, 中払 周, 金井 要, 若山 裕

記事が掲載されました

窒化炭素ポリマーを用いた光触媒の構築と電子機能材料への応用“,
金井 要, 東京理科大学 科学フォーラム, 424, p15-17 (2021)