研究室見学など

物理学科の学生さんで、当研究室の見学などを希望される方はお気軽にお問い合わせください (kaname@rs.tus.ac.jp)。

論文が掲載受理されました

Influence of ion exchange on photoresponsive properties of potassium poly(heptazine imide)
Mai Hattori*, Miyu Nakamichi, Aika Yamaguchi, Chihiro Miyazaki, Goichiro Seo, Ryosuke Ohnuki, Shinya Yoshioka, Kaname Kanai, (*卒業研究生 服部真衣さん),
Chemistry of Materials, (2023), https://doi.org/10.1021/acs.chemmater.2c03325, to be published.

論文が出版されました

Topological surface state of Bi2Se3 modified by physisorption of n-alkane
Rena Moue*, Hiroto Yamazaki, Tatsuya Kitazawa, Koichiro Yaji, Hiroshi Yaguchi, Kenta Kuroda, Takeshi Kondo, Ayumi Harasawa, Takashi Iwahashi, Yukio Ouchi, Shik Shin and Kaname Kanai, (*修士課程1年 馬上怜奈さん),
ChemNanoMat, 2023, e202200538, (2023), (https://doi.org/10.1002/cnma.202200538)

論文が出版されました

Formable optoelectronic functional composites with potassium poly(heptazine imide)
Miyu Nakamichi*, Mai Hattori, Goichiro Seo, Ryosuke Ohnuki, Shinya Yoshioka, Kaname Kanai
(*修士課程1年  中道美柚さん), ACS Applied Electronic Materials, 4, 5747–5751 (2022).
DOI: 10.1021/acsaelm.2c01457

News

瀬尾 豪一朗 (博士課程1年) くんが、日本学術振興会 特別研究員 (DC2) に採用されました。

論文が出版されました

“Mechanism of High Photoluminescence Quantum Yield of Melem”,
Hiroki Kiuchi*, Yoriko Sonoda, Yuto Miyake, Fumiya Kobayashi, Jun’ya Tsutsumi, Makoto Tadokoro, Kaname Kanai, (*修士課程1年  木内大貴くん),
Physical chemistry chemical physics, 24, 23602-23611, (2022), DOI: 10.1039/D2CP03693B

 

学会発表

第83回応用物理学会秋季学術講演会 (2022年9月20日~23日 東北大学)

講演番号 : 20a-C105-5
オクタシアノ鉄(Ⅱ)フタロシアニンの合成と物性評価
中山頌太(修士課程2年), 高木俊輔, 金井要

講演番号:20a-C105-6
絶縁性ポリマーブレンドによるポリフルオレン薄膜の構造変化と電気特性への影響
小林智裕(修士課程2年)、秩父康平、佐藤友哉、金井要

講演番号 : 23p-C105-6
近紫外発光材料Melemの発光機構の解明
木内大貴(修士課程1年), 園田与理子, 三宅優斗, 小林文也, 堤潤也, 佐藤友哉, 田所誠, 金井要

論文が出版されました

“Enhanced Rashba Splitting of Au(111) Surface States with Hydrogen-Bonded Melamine based Organic Framework”,
Rena Moue*, Yuta Kokubo, Kozo Mukai, Hirotaka Mizushima, Yuto Fukushima, Kaishu Kawaguchi, Takeshi Kondo, Ayumi Harasawa, Jun Yoshinobu, Kazuhiko Mase, Shik Shin, Kaname Kanai (* 修士課程1年 馬上怜奈さん)
Advanced Materials Interfaces, 2022, 2201102, (2022); (10.1002/admi.202201102)

界面科学研究部門 2022 夏季シンポジウム

Summer Symposium 2022, Division of Colloid and Interface Science (DCIS),
Research Institute for Science and Technology (RIST), Tokyo University of Science (TUS)
August 3, 2022, at Memorial Hall, Building No. 1, Kagurazaka Campus
(東京理科大学 研究推進機構 総合研究院 界面科学研究部門 2022 夏季シンポジウム)
にて、大学院生が最新の成果を発表(英語)しました。

Mechanism of a near-ultraviolet light-emission of melem with high quantum efficiency
Hiroki Kiuchi (修士課程1年 木内大貴くん)

Mechanism of charge accumulation of Poly(heptazine imide)
Goichiro Seo (博士課程1年 瀬尾豪一朗くん)

Mechanism of highly-efficient photocatalytic performance of visible-light-driven photocatalyst poly(heptazine imide)”
Aika Yamaguchi (修士課程1年 山口愛佳さん)

界面研合同セミナーを開催しました

理工学部先端化学科 中山研究室との合同セミナーを開催しました。

本研究室からは、M1 馬上怜奈さん、M2 小林智裕くん、M2 南出泰希くん、M1 黒須淳くんが最新の研究成果を発表しました。