学会発表

EP2DS(Electronic Properties of Two-Dimensional Systems), Nov. 2 (2021),
[E-PS-2-33] “Elucidation of mechanism of charge accumulation of Poly(heptazine imide)
Goichiro Seo*, Yuki Saito, Miyu Nakamichi, Kaname Kanai, [* M2 瀬尾豪一朗君]

論文が出版されました

“Synthesis of carbon nitride oligomer as a precursor of melon with improved fluorescence quantum yield”,
Yuto Miyake*, Goichiro Seo**, Kotaro Matsuhashi, Noriyuki Takada, Kaname Kanai,
[*M2 三宅優斗君, **M2 瀬尾豪一朗君]
Materials Advances, 2, 6083-6093, (2021); DOI: 10.1039/D1MA00579K

 

論文が出版されました

“Mechanism of Charge Accumulation of Poly(heptazine imide) Gel”,
Goichiro Seo,* Yuki Saito**, Miyu Nakamichi***, Kyohei Nakano, Keisuke Tajima, Kaname Kanai,
[*M2 瀬尾豪一朗君, **M1 齋藤雄紀君, ***B4 中道美柚さん]
Scientific Reports 11, 17833 (2021), https://doi.org/10.1038/s41598-021-97025-9

学会発表

第82回応用物理学会秋季学術講演会
2021年9月10-13日 名城大学天白キャンパス + オンライン

9月12日

講演番号:12p-S401-6
講演タイトル:Poly(heptazine imide)における 電荷集積現象のメカニズム
登壇者と共著者:瀬尾 豪一朗 (M2), 齋藤 雄紀, 金井 要

講演番号:12p-S401-7
講演タイトル:Poly(heptazine imide)表面の直接観測によるフォトクロミズムの機構解明
登壇者と共著者:中道美柚 (B4), 瀬尾豪一朗, 金井要

講演番号:12p-N205-4
講演タイトル:アンチ・アンバイポーラトランジスタの開発Ⅵ -多機能論理演算素子への応用-
登壇者と共著者:本間 航介 (M2), 早川 竜馬, 中払 周, 金井 要, 若山 裕

記事が掲載されました

窒化炭素ポリマーを用いた光触媒の構築と電子機能材料への応用“,
金井 要, 東京理科大学 科学フォーラム, 424, p15-17 (2021)

論文が出版されました

“Organic heterojunction transistors for mechanically flexible multivalued logic circuits”
Debdatta Panigrahi, Ryoma Hayakawa, *Kosuke Honma, Kaname Kanai, Yutaka Wakayama,
Applied Physics Express, 14 081004-1-6 (2021); https://doi.org/10.35848/1882-0786/ac122f
[* M2 本間航介君] 本論文は”連携大学院制度 (NIMS 若山グループ)”の成果です。

合同セミナーを開催しました

理工学部先端化学科 中山研究室との合同セミナーを開催しました。

本研究室からは、B4 中道美柚さん、M1 古市貴也くん、M1 中山頌太くん、M2 小久保裕太くんが最新の研究成果を発表しました。

論文が出版されました

Electronic Structure of n-Cycloparaphenylenes Directly Observed by Photoemission Spectroscopy
K. Kanai, T. Inoue*, T. Furuichi**, K. Shinoda, T. Iwahashi, Y. Ouchi,
[* M1 井上拓也君; ** B4 古市貴也君]
Physical Chemistry Chemical Physics, 23, 8361-8367, (2021), DOI: 10.1039/D1CP00625H

論文が出版されました

“Interface Structures and Electronic States of Epitaxial Tetraazanaphthacene on Single-Crystal Pentacene”
Y. Gunjo*, H. Kamebuchi, R. Tsuruta, M. Iwashita, K. Takahashi, R. Takeuchi, K. Kanai, T. Koganezawa, K. Mase, M. Tadokoro
and Y. Nakayama,
[* 理工学部先端化学科 中山研究室]
Materials, 14 1088 (2021). https://doi.org/10.3390/ma14051088.

学会発表

第68回応用物理学会春季学術講演会 (遠隔開催)

3月16日(火)

[n]CPP(シクロパラフェニレン)の電子状態
井上 拓也(M1)、古市 貴也、金井 要

SnPc の吸着による Au(111) ショックレー状態のラシュバ分裂の変化
下澤 皐介(M2), 小久保 裕太, 黒田 健太, 川口 海周, 原沢 あゆみ, 近藤 猛, 矢治 光一郎, 辛 埴, 金井 要

3月17日(水)

イオン液体ゲル中でのポリヘプタジンイミドの可視光フォトクロミズム
齋藤 雄紀(B4)、瀬尾 豪一朗、中道 美柚、金井 要

窒化炭素ポリマーの熱重合過程の解明
三宅 優斗(M1)、松橋 功太郎、金井 要

Melem水和物の単結晶育成とオプトエレクトロニクスデバイスへの応用
臺 知紀(M1), 南出 泰希, 金井 要